家庭用との違い | アパート修繕や大規模修繕などでリフォーム|最新設備でラクラク生活

家庭用との違い

店舗や、オフィスの利用を想定した業務用エアコンは、家庭用の物より大型で、強力な空調能力が備わります。 大きな空間の空気を快適にするので、高性能な送風や、ノイズの小ささが業務用エアコンに必要です。 各種センサーを搭載した、高度な制御が、現在販売される業務用エアコンのトレンドです。 室内の温度や、床の状態を把握して、人のいる場所に対し、快適な送風を行います。 直接人に風を当ててしまうと、不快感を持ったり、体調不良が起こります。 また、電気の無駄を減らす事も、業務用エアコンに必要な機能で、人の不在を感知して、送風を停止する事が出来ます。 熱交換の効率を高め、同時に環境へ配慮する事が、社会から、業務用エアコン製造企業に求められ、それに応えています。

規模の大きさと、設置サイズの違いは、業務用エアコンが、家庭用と違う点です。 壁掛けが一般的な家庭向けと異なり、天井埋め込みタイプが、業務用エアコンの基本形状です。 配管が壁を通り、直ぐ外に室外機を置く家庭とは違い、業務用エアコンは、複雑な配管の設置が欠かせず、その分の費用が必要です。 使う空間に合わせ、様々な工夫が行われています。 集中力が必要なオフィスは、夏場の冷やし過ぎを防ぎ、冬は足元を重点的に冷やします。 清潔な空気が必要なクリニックでは、脱臭や抗菌フィルターを使い、空気を清浄にしています。 どちらも家庭用に備わる、快適さを実現する方法ですが、求められる性能や、要求されるレベルが大幅に違います。 また、高価な業務用エアコンは、レンタルサービスが利用出来る事も、特徴の一つです。