原状回復の契約 | アパート修繕や大規模修繕などでリフォーム|最新設備でラクラク生活

原状回復の契約

住居としての賃貸物件の場合、原状回復工事は大家や不動産業者が行うのが一般的です。しかし、オフィスやお店として部屋や物件を借りていた場合、返却時に借り主が原状回復工事を行う契約になっている場合が多いです。特に飲食店などの場合、そのままでは次に借りる人の負担が大きくなってしまいます。したがって、返却する際にはスケルトン状態にしなければいけないのです。その際の価格は部屋の広さや工事内容によって異なりますが、平均して1平米900円前後となっていることが多いようです。基本的に依頼する前には見積もりが必要となるため、まずは原状回復工事業者をいくつか見繕って、見積もりを依頼することから始める事が重要です。その際には価格だけではなく、具体的な工事内容なども確認しておく事が大切です。

原状回復工事はあくまでも「原状」に戻す事が目的ですが、最近では原状に戻すのではなく、元の状態よりも大きく変えるリノベーションが注目されています。リノベーションはリフォームと違い、二つの部屋を一つにしたり、キッチンの位置を変えたり、構造的にかなり大きく変化させることが出来るのが特徴的です。築年数が古い物件などは、間取りなども現代の生活にあまり合わないということがよくあります。そこでリノベーションを行って現代的に作り替える事で、物件の魅力を更に高める事が出来るというわけです。それなりに費用はかかってしまいますが、どうせ原状回復工事を行うなら、いっそのことリノベーションという方法を検討してみてもいいかもしれません。