舗装工事でトラブルを引き起こさないための4箇条

舗装工事を利用する前に~私道を工事する心得~

初めてさんは必読

舗装工事を初めて依頼する方は何をどうしたら良いのか分からなくても仕方ありません。ですので、下記の手順で進めていくことによって、スピーディーに利用することができるでしょう。

舗装工事の依頼の流れ

作業員

問い合わせ

業者を利用するためにはまず問い合わせをしなくてはなりません。業者によって異なりますが、メールや電話、FAXなどで対応しているところがほとんどとなっています。

査定

料金を割り出すためには査定をしなくてはなりません。査定はウェブサイトから簡単に行なうことができ、数分もかからないので、暇がある時に試してみると良いでしょう。

契約

作業日が確定したら、契約をします。契約の際に必要な書類がある場合は専門業者に質問しておくと良いでしょう。その書類はどこで取り揃えることができるのかも訊いておくといいかもしれません。

作業開始

契約が終わると舗装工事をすることが可能となっています。工事にかかる期間は面積などで大きくことなってきますが、二週間から一ヶ月前後もあれば工事をすることができるでしょう。

舗装工事でトラブルを引き起こさないための4箇条

作業員

建築基準法が守られている場合

道には主に2種類あり、私道と言われるものや国道と言われるものがあります。私道は個人や会社の有地であることがあるので、舗装工事をしても問題がないと言えるでしょう。しかし、対象となるものと対象とならないものがあるので、把握しておくと良いでしょう。例えば、建築基準法に違反していないものであれば、舗装工事をすることが許されています。違反しているかどうかわからないのなら、プロに依頼して調べてもらうと良いでしょう。

工事現場

工事支障物件がない

私道になんらかの障害物が設置されている場合、舗装工事が断られてしまう可能性があります。ですが、事前に行っておけば舗装業者が撤去してくれるところもあるので、安心することができるでしょう。

作業員

排水施設がある

排水施設がないと、ゲリラ豪雨のような大雨が降った時に、水を避けることができず人や家に大きな被害をもたらす恐れがあります。ですので、舗装工事をするのなら排水施設の有無を確認しておくと良いでしょう。

男性

トラブル回避のため

道が土の状態のままですと、車が汚れたり雨が溜まって通行に支障がきたしたりすることがあります。そうなると近隣住民からクレームがくることも考えられるので、双方の許可が取れているのなら舗装工事を実行すると良いでしょう。

舗装工事業者が提唱する嬉しいサービス

工事現場
no.1

アフターサービスがある

万が一工事した後に道路に不具合が生じても、アフターサービスがしっかりしている業者であれば、無償か少額の費用で直してもらうことができるでしょう。

no.2

メンテナンスだけでも頼める

他の業者に依頼したはいいものの、メンテナンスは他の業者にしたいといった場合でも受け付けている業者もあるので、利用してみると良いでしょう。

no.3

工事中に外出しても大丈夫

工事は基本的に日中することが多いので、その間に仕事などの用があることがあるでしょう。そういった場合は、最初にスタッフに伝えておけば外出できますよ。

広告募集中